乾燥肌になる7つの原因

昔は、乾燥の季節になると肌が乾燥すると言う症状が多かった様ですが、最近は一年を通して「乾燥」に悩む方も多い様ですね。
これには色々な問題が関係しており、加齢による乾燥や水分量による乾燥をはじめ食生活が大きく関わっていたり、現代病としては日常生活の中で使っているものなども乾燥肌に大きく関係しています。

 

便利になった現代社会の物流の罠である添加物が肌に与えるダメージは大きく、単に乾燥肌と言っても様々な要因が考えられます。
ここでは「乾燥肌」に関する原因を大きく7つに分けて考えて行きたいと思います。

 

 

乾燥肌の原因その1・年齢肌

 

お肌の水分は年齢と共に減少します。
歳を重ねるごとに肌も老化していきますので、皮膚の分泌量が減り発汗量も低下します。
さらに新陳代謝も衰えてしまい、肌表面の潤いと柔軟性がなくなりお肌はもろくなっていきます。
特にお肌の潤いを保つために必要な「ヒアルロン酸」が減少する事もあり、肌は乾燥しやすくなります。

 

乾燥肌の原因その2・洗顔とスキンケア

 

肌を美しく保つための洗顔やスキンケアですが、これこそが乾燥肌を招く原因であると言う事を知っていますか?
と言うのも、間違った洗顔やスキンケアの方法を行っている方があまりにも多いからです。

 

皮膚を守っている「皮脂」は天然のスキンケアクリームと言われており、人間は自己防衛能力として自分の皮膚を守ると言う能力を生まれつき持っています。
しかし過度の洗顔や洗いすぎにより、肌を守るための皮脂膜を傷つけてしまったり余分な油までとってしまうと言う事が近年の肌トラブルの大きな原因となっています。

 

洗顔後、肌がつっぱると言う経験をした事はありませんか?
これが肌への負担の代表例です。
洗顔により大きな負担をかけてしまった肌は、もちろん乾燥肌を招きます。

 

また、スキンケアにも気をつけてください。
スキンケアの順番は必ず「化粧水」→「保湿クリーム」の順番です。
洗い立てのお肌には水(化粧水)をたっぷりと浸透させる事が効果的です。
保湿クリームや乳液などの油分はアブラですから水を入れる前にアブラを塗ってしまうとお肌にフタがされて水は入る隙間をなくしてしまいます。
このスキンケアの順番は、とっても大切です。

 

スキンケア商品の成分にも気をつけて下さいね。
界面活性剤が入ったチューブタイプの洗顔料は特に顔がつっぱります。
添加物が多いほど肌は乾燥すると考えてください。
出来るだけ自然な成分だけでつくられたスキンケア用の石鹸をオススメします。

 

乾燥肌の原因その3・紫外線

 

女性なら誰もが気をつけているはずの「紫外線」。
これがお肌に悪影響を及ぼす事は有名ですが紫外線は肌の乾燥にも大きな影響を与えます。

 

紫外線は太陽光の強い夏が一番強いと思われがちですが、本当は曇りの日に多いとされています。
特に夏本シーズンでなくても、温かくなってきた春シーズンから紫外線は猛威を振るいます。
紫外線を浴びた肌はコラーゲンの老化を引き起こし、しわやたるみを作ります。
また日焼けするとメラニンが増えて角質層の保湿力を奪い肌の乾燥を引き起こします。
紫外線を浴びると肌の保湿力が低下して「乾燥肌」になるのです。

 

特に若い頃に無茶して日焼けしていると歳をとってから後悔しますよ。
日焼け止や帽子・サングラスなどで紫外線対策はしっかり行いましょう。

 

乾燥肌の原因その4・睡眠

最近夜更かししていませんか?
仕事が忙しくて夜型の生活になっていませんか?
肌の乾燥を防ぐためには「睡眠」を有効にとることが必要です。
肌細胞と言うのは睡眠中に作り出されます。

 

睡眠中に肌の健康を守ろうと体が必死に頑張っても、睡眠時間が少なかったり睡眠時間が変則的だと新しい肌細胞を作り出す事が出来ず乾燥肌や敏感肌を引き起こします。
寝不足こそ乾燥肌の大敵!
早寝早起きを心がけて規則正しい生活と充分な睡眠をとりましょう。

 

睡眠を充分にとることで、お肌は生まれ変わるのです。

 

乾燥肌の原因その5・食生活

 

人間の細胞は食べ物や飲み物を摂取する事で絶えず入れ替わっています。
食事の度に、古い細胞は廃棄され新しい細胞が補てんされるというサイクルを繰り返しています。
よって食べ物によって体はつくられるのです。

 

乾燥肌で悩む方々の中には偏った食生活が原因で「乾燥肌」を招いている場合があります。
コンビニ食品やカップラーメンなどの添加物が入った食品はトラブルの原因です。
添加物は活性酸素を生み出し、肌の老化を促進します。

 

体にいいものや旬のものを食べる事が美肌への最高の道しるべです。
肌と食べ物の関係はとても深いためしっかりと食生活の管理を行いましょう。

 

乾燥肌の原因その6・ストレス

 

ストレス社会の現代でストレスを感じずに生きることは不可能だと思います。
良く「ストレスは肌に悪い」と聞きますが、ストレスは乾燥肌にも影響します。

 

ストレスを感じると免疫力が低下して体の様々な機能が低下します。
悩みや心配事にばかり気持ちが偏って体内の血液が脳に集中してしまいます。
そのため血液の循環が悪くなって肌への血液が不足してしまうのです。

 

ひどくなると自律神経が乱れ体のバランスが崩れてしまいます。
これにより「、肌荒れや肌の乾燥を引き起こすのです。
体の健康と心の健康は密接に関わっています。

 

上手くストレスを発散して心と体の健康を取り戻しましょう。

 

乾燥肌の原因その7・便秘

 

便秘は腸内の水分や油分が足りない事が原因で起きます。
腸内の潤滑油がなくなるとカピカピの乾燥状態になります。
これでは排泄物は腸内をすべって体外へ排出されにくくなりますよね。

 

腸内が乾燥すると言う事は、体が乾燥していると言う事です。
特に、便秘は乾燥肌のS.O.S信号でもあります。
体内の水分不足や油分不足についても考えて体質を改善していく必要があります。

 

 

ここまで7つの原因をあげてきましたが、その原因にも理由があり原因に対してのケア方法や改善対策もあります。
それぞれ当てはまる原因に対してどのように対処していけばいいか、一緒に考えていきましょう!

乾燥肌の原因とは?記事一覧

活性酸素の大量発生時にできる「過酸化脂質」とは?体内で活性酸素が大量に発生すると、それが原因で体内の脂肪分が酸化されてしまい、「過酸化脂質」というものが作り出されます。酸化して傷んだ脂ですから、「良くないもの」というのは言うまでもありません。過酸化脂質のやっかいなところは、細胞の内部に浸透してしまう性質を持っており、体内のあらゆる面に悪影響を与えてしまうということ。当然、皮膚の細胞にも過酸化脂質は...

お肌の乾燥とカラダの水分量には密接な関係があります。まず、人間のカラダの70パーセントは水で来ていると言われています。生まれたばかりの赤ちゃんは最も水分量が多く、80パーセントが「水分」なのです。水分と言うと水のような液体を想像すると思いますが、人間の体を構成している水分はゼリーのようなプルンとした水分子なのです。人間の体は目に見えないくらい小さな細胞というものが60兆個以上集まって体を構成してい...

洗濯や食器洗いで毎日のように使用する洗剤ですが、これらが原因で乾燥肌になってしまっている方はすごく多いのです。まずは私の体験記になりますが、私も洗剤が原因で乾燥肌になりました。自分で言うのもなんですが、それまでは手肌の乾燥なんて気にした事もなく、素肌美人でした。ある時、水不足による断水が行われ、ある一定の時間は水が使えないと言う時期がありました。私は節水を心がけて下着や靴下など手洗いできるものはお...