タモリ式入浴法で乾燥肌対策をしよう!

タモリ式入浴法とは?

その名の通り、お昼の看板番組「笑っていいとも!」の名司会者としても有名なタモリさんが行っている入浴法です。

 

湯船に10分以上ゆっくりと浸かり、体は洗わないと言うワイルドな入浴法です。
石鹸やボディーソープは一切使わずに湯船に浸かるだけなのです。
この入浴法は「笑っていいとも!増刊号」でタモリさんが話したもので、タモリさんの肌は年齢を感じさせないほど艶やかな肌でした。
タモリさんは「湯船に10分程度浸かれば、人間の汚れの80%は落ちる」と話していました。
その代わり、シャワーではなく湯船にしっかり浸かる事が条件です。

 

「石鹸を使わないなんて臭そう」とか「やっぱり汚れが落ちていないみたいで気持ち悪い」とか「湯船に浸かるだけなんて論外!汚い!」と言う人もいますが…
石鹸やボティーソープは体には必要な油や皮脂まで洗い流してしまうので、本当は良くないのです。
今でも自然の中で生きるアフリカやインドの方々の肌を見ても分かるように、川の中で水に浸かって沐浴している方々の肌はみんな美肌です。

 

この「タモリ式入浴法」は医学会でも評価されていて、現代病の一つである乾燥肌の原因や肌の老化の原因は洗いすぎにあるのだと言います。
皮膚の保護膜である「角質」「皮脂」「善玉菌」は、外側から外敵が入ってこないように肌や体を保護しているものなのですが、強力な刺激物である石鹸やボディーソープによって洗い流されてしまいます。
冬などの乾燥季節は特に、皮脂を適度に残す程度に洗う方が肌にいいのです。

 

せっかく皮膚を守るために一番効果的な「天然のクリーム」が肌を覆っていても、石鹸で洗い流して変わりに人口的なクリームを塗るのはもったいないと思いませんか?
私も、洗顔方法で「朝は石鹸を使わずに水ですすぐ程度がいい」と聞いた事があり、それを実践するようにしてから脂性肌が改善されました。
私の場合は、油っぽい肌が気になりすぎて石鹸で自分の肌の油を洗い流しすぎた事が原因で、肌は油がなくなるとまた油を作り出そうと懸命になるので、悪循環を引き起こして余計に脂性になっていた様です。

 

余計な脂を落とさずに、洗う回数を減らす事によって現在は自然な肌を手に入れる事が出来ました。
タモリ式入浴法も同じ事で、体にとって必要なものまで洗い流す必要はないと言う事です。
乾燥肌でお悩みの方は、是非一度勇気を出してやってみてください。
2日に一回ペースで行ってみるのもいいと思いますよ。

乾燥肌を改善させるための入浴方法記事一覧

実は、お肌のゴールデンタイムと言うのはもう一つあって、肌に水分が浸透しやすい最も効果的な時間が「お風呂上り」にあります。それは、お風呂から上がってすぐ5分以内の時間です。お風呂から上がってすぐや洗顔をしたあとすぐのお肌は潤っていますが、すぐに水分補給(化粧水・美容液)を浸透させて保湿ケアしないと、あっと言う間に乾燥してしまいます。お風呂からあがっての「5分間」が勝負なのです!お風呂からあがったらす...