お肌のゴールデンタイムを有効に使おう!

美肌のためには睡眠が重要です。
しかし、ただ単に睡眠時間を多くとればいいと言う事ではありません。

 

人間には、体内のリズム、代謝のリズムと共に、皮膚の再生リズムがあります。
これこそが「お肌のゴールデンタイム」と言われる時間帯なのです。
この、お肌のゴールデンタイムは夜8時〜深夜2時までの6時間と言われていて、その中でも特に大切なのは夜10時〜深夜2時までの4時間です。

 

人間は、眠りに落ちてからの始めの180分に最も多く成長ホルモンが分泌されると言います。
眠っている間に肌のダメージが回復し、細胞の代謝を促すのです。
この180分を、お肌のゴールデンタイムである夜10時〜深夜2時に合わせる事で、肌の修復がスムーズに行われます。
出来れば毎日6時間以上の睡眠をとり、規則正しく同じ時間に睡眠をとる事が理想です。

 

昔の人は陽がのぼると共に起きて、陽が沈むと共に寝ると言う自然のリズムに合わせた生活を大切にしていました。
それには意味があって、自然のリズムと同じように人間のリズムも構成されているからなのです。
太陽が昇ると共に人間の代謝は徐々に上がり、お昼になると代謝率はピークに達します。
そして陽が沈むと共に体はお休みモードに入るのです。
夜になると特に代謝率が下がり、吸収率が上がります。
だから夜に食べると太ると言われているのです。
体がお休みモードに入った時間に、体内では一日の疲れやダメージを修復するための重要な分泌が行われるため「早寝早起き」は体にとって重要な事なのです。

 

早寝・早起きを習慣づける事で潤いのある「美肌」を取り戻しましょう。
きっとあなたの肌のトラブルも解消するはずです。

お肌のゴールデンタイムを有効に使って乾燥肌対策!関連ページ

乾燥肌がみるみる改善する生活習慣とは