肌の乾燥に悩む人が使ってはいけないパックとは?

肌の乾燥に悩む人が使ってはいけないパックは何かというと、ズバリ、「はがすタイプのパック」である、ピールオフパックです。

 

なぜ肌の乾燥に悩む人がピールオフパックを使ってはいけないのかというと・・・そうでなくとも不足しがちな角質が、さらにパックではがされてしまうからなんですよね。

 

ピールオフパックというのは、基本的には角質もはがしてしまうパックです。たっぷりの角質がある健康な肌であれば、たまのリフレッシュ手段として使うのもいいのですが、肌が乾燥している人が安易にこうしたものを使うと、「貴重な角質をはがしてしまうことによってバリア機能がさらに低下し、肌の乾燥をより悪化させてしまう」という最悪の事態になりかねないんですよ。

 

「ピールオフパックで毛穴の汚れが落ちる」というのはウソ!?

 

肌が乾燥しているにもかかわらず、ピールオフパックを使う人の中には「だってこうしないと毛穴の汚れがちゃんと落ちないから」という人もいます。

 

ですが結論から言うと、ピールオフタイプのパックで取れる毛穴の汚れというのは、せいぜい「毛穴表面付近」ぐらいまで。ごっそり汚れが取れているようにみえるものは、実は大半が角質なんです。

 

鼻の毛穴の角栓を取るために使う「はがすパック」ほど強力であれば、ある程度毛穴の汚れを引っこ抜くことができますが、あれほど吸着力が強いものを顔全体に使うと、それこそ角質がごっそりと取れて大変なことになります。鼻パックをやってしばらくすると鼻がベタベタしてくるのは、角質が根こそぎはがされて肌が悲鳴をあげ、それを守るために皮脂が大急ぎで肌をカバーしているからなんですよ。

 

ですからもし、鼻のパック並みのピールオフパックを使うと、顔全体がヒリヒリして、一気に脂っぽい顔になってしまうでしょう。

 

そして、それよりもグッとはがす力を弱めたパックでは、十分な汚れ落とし効果は期待できないのです。

 

古い角質はどうすればいい?

 

「でも、ピールオフパックを使わなければどんどん古い角質が肌に溜まっていくから困る」という人もいるでしょう。しかしこれはそもそも「肌が乾燥しているからこそ古い角質が残る」という、根本的な問題に気がつくべきです。

 

実は、水分がたっぷりある健康的な肌なら、普通の洗顔をしているだけで古い角質は問題なく落ちます。濡れた切手がはがれやすく、乾いた切手がはがれにくいのと同じように、肌が乾燥していると「古い角質が自力で落ちず、こびりつく」という状態になってしまい、洗顔だけでは落ち方が不十分になってしまうということですね。

 

つまり古い角質を落とすには、肌の乾燥問題そのものを解決することが大切。必要な角質まではがして肌の乾燥を悪化させてしまうピールオフパックを使い続けていると、ますます古い角質が溜まりやすい肌になる、ということなんですよ。

 

パックをやるなら保湿系美容パック!

 

というわけで、顔にパックをするなら、ピールオフパックではなく、保湿成分がたっぷり入った美容液のパックなどをするように心がけましょう。

 

ただし、保湿系のパックであっても、長時間やるのはダメですよ。その理由は、時間が経てば経つほどパックの水分が蒸発して行き、最後には肌から水分を奪ってしまうことにもなりかねないからです。

 

水分の蒸発を防ぎ、パックの保湿成分をしっかりとなじませるためには、パックの上からラップをかぶせるのがおすすめ。(ただし、目・鼻・口の部分はラップにしっかりと穴を開けて下さいね)
こうすれば蒸発しにくく、さらに肌にしっかりと保湿成分がなじみます。

 

ただし、こういう工夫をした上であっても、パックの時間はおおむね30分程度にとどめておきましょう。あまり長時間やると、今度はラップが「蒸れ」の状態を作ってしまう可能性もあります。汗等で蒸れた状態が長時間続くのは、肌に良くありませんからね。

実は逆効果?肌の乾燥を招くパックにご注意!関連ページ

乾燥肌には「油分でフタ」!この説、正しいの?
肌を乾燥から守る、頼もしい保湿成分を一挙紹介
「保湿成分」とひと言でいってもその種類は多く、役割もさまざまです。 肌を乾燥から守るために特に役立つ保湿成分はどれか、ここではそれを保湿成分の目的・役割別に見ていきましょう。