肌を乾燥させない環境作り

メイク落としと洗顔をしたあとの肌は、クリアな状態になっている分、どうしても乾燥しやすい状態にもなっています。

 

ですから「メイク落とし・洗顔から保湿スキンケアをするまで、いかに肌を乾燥させない環境を作るか」ということが、肌の乾燥問題を解決するために大切なポイントとなってきます。

 

「ぬるま湯で洗う」とはどのくらい?

 

よく、クレンジングや洗顔時のすすぎで「ぬるま湯で洗う」という記述を見かけますが、これは具体的にどのくらいの温度を目安にすればいいのかというと・・・
ズバリ、35℃前後です。体温とほぼ同じくらいの温度ですね。
「ほんの少しぬるいかも」と思う状態が、だいたいこのくらいの温度になります。

 

ですから、顔につけて「それなりに温かい」と感じるお湯は、実は40℃前後あるケースが多く、これは顔の肌には熱すぎるんですよ。お湯が熱ければ熱いほど、その後の乾燥も早くなってしまいます。

 

「体には40℃のお湯でも問題ないのに、顔の肌にはどうして40℃だと熱いということになるの?」と思われるかもしれませんが、これは「体よりも顔のほうが肌そのものが薄い」「顔はダブル洗顔で体よりも念入りに洗うため、刺激が多くバリア機能もはがれやすい」などといった理由があります。

 

ちなみに、体の肌が顔の肌より厚みがあるといっても、やはり「40℃以上の熱すぎるお湯を強い勢いで当て続け、さらにゴシゴシこすって洗う」などということをやっていると、やはり乾燥は起きやすくなるんですよ。

 

体の肌が乾燥している人は、湯の温度を下げシャワーの勢いも弱めにして、さらにゴシゴシ洗いではなく洗顔と同様に「泡で洗う」ということを基本にすると、乾燥しにくくなりますよ。
湯船には、保湿成分が含まれた入浴剤を使うとより効果的です。

 

洗顔後からスキンケア開始までの乾燥を防ごう!

 

洗顔が終わってから、保湿スキンケアを開始するまでに、肌からの水分蒸発をどこまで防げるかというのも、肌の乾燥問題を解決するためには大切なポイントです。

 

浴室内は湯気が充満しているので湿度が高く、水分蒸発がしにくい状態となっているのですが、そこからいきなり「エアコンが効いた、カラカラの脱衣所」に行くと、一気に蒸発しやすくなってしまうんですよ。さらに「体を拭いてから・・・」などと言ってスキンケア開始までに時間をかけてしまうと、肌の乾燥はいっそう進んでしまいます。

 

ですから乾燥防止のためには、入浴前から加湿器で脱衣所を加湿しておく、などといった対処をするのがおすすめです。それが無理な場合は、お湯を張った洗面器を脱衣所に置いて、その湯気で湿気を補うなどの工夫をしましょう。
もちろん浴室の扉を全開して、浴室の湯気を脱衣所に持ってくるのもありですが、洗面器のお湯からの湯気のほうが「脱衣所全体を湿っぽくせず、ある程度ピンポイントで加湿できる」というメリットがありますよ。

洗顔後が肝!肌を乾燥させないテクニック関連ページ

肌の乾燥を防ぐためのメイク落とし術
メイク落としは、実はやり方を間違えると肌の乾燥を招く要因となってしまいます。メイク落としは「油汚れ落とし」の力が強いので、その分必要な皮脂まで落としてしまいやすいんですよ。
乾燥肌のメイク落としは「ワセリン」で!