自宅で出来る!お肌を乾燥させないためのコツ

肌を乾燥させないためには湿度が重要です。
湿気が多い季節は肌トラブルも少なく、乾燥する季節は湿気が少ないために乾燥トラブルも多いようです。

 

季節的な乾燥肌から、慢性的な乾燥肌、アトピーからくる乾燥肌など、様々な乾燥肌に悩まされる方々にとって保湿は欠かせないものだと思います。
乾燥してカサカサになった肌は湿度を求めていますし、水分を求めています。
特に乾燥肌が酷くなると、乾燥肌用のケア商品でもヒリヒリと痛みを感じるようになります。
乾燥肌と敏感肌が重なるとさらに厄介です。

 

まずは自宅で簡単に出来る「保湿のコツ」を知って保湿環境を作ってみましょう。

 

濡れタオルを部屋にかける

 

暖房や冷房が当たり前の社会となっていますが、これらの空調機はお部屋の空気をものすごく乾燥させます。
この乾燥から部屋を守るためにクーラーや暖房の近くに濡れタオルをかけてみましょう。
タオルが水分を蒸発させながら乾くので部屋の中が保湿されます。

 

これを一度やってみて驚くのは、濡れタオルが乾くスピードです。
暖房でもクーラーでも、濡れタオルを干して数時間でカラカラに乾くので「こんなに乾燥してるんだ…」って目に見えて分かるはずです。

 

夜寝るときには自分が寝る場所の近くに濡れタオルを干して寝るといいでしょう。

 

コップ一杯の水を部屋に置く

 

濡れタオルと共にコップ一杯の水を部屋の隅に置いておくのもオススメです。
コップから水が蒸発する事でお部屋の保湿状態が守られます。
コップ半分の水でも充分です。
水を入れた容器を置いておくだけで湿度が高くなります。

 

お風呂の蒸気

 

お風呂から部屋が近いワンルームのお部屋ではお風呂の蒸気を使って部屋を加湿する事も有効です。
お風呂を沸かすときの湯気や、お風呂に入った後の湯気をお部屋に充満させると加湿器と同じ効果が得られます。
蒸気の力で部屋の湿度UP!!

 

やかんでお湯を沸かす

 

昔は現代のような電気ストーブがなかったため、薪ストーブやいろりなど火を使ったストーブの上にやかんをかけると言うスタイルが当たり前でした。
今でもストーブの上でお餅が焼けたり、やかんでお湯が沸かせるタイプのストーブがありますよね。
これは、最高のバランスなのです。
ストーブで乾燥した部屋をやかんから出る蒸気で加湿する。
これは素晴らしい日本の文化です。
お風呂の蒸気と同様に、やかんのお湯が沸騰する時に出る蒸気もお部屋を保湿してくれます。

 

霧吹き

 

応急処置として、お部屋に霧吹きを吹いて保湿する方法もあります。
霧吹きから出る細かい水は、マイナスイオンと同じ効果を持ちます。
そして部屋の中を「保湿」します。

 

 

一日の3分の1は眠りにつくと言われている人間のリズム上、自分の部屋で過ごす時間は長いのです。
だからこそ、自分お部屋の環境を整えて保湿してみてください。
どれも今日から始められる簡単なものばかりですから、是非試してみてください。